Mollieblog【モリーブログ】

『オタクライフ』と『睡眠』をもっと楽しく!アニメ・ゲーム・ASMR情報発信サイト

【お掃除してますか?】補聴器営業マンが教えるイヤホンを長持ちさせる3つの方法!

イヤホン掃除

 

こんにちは!モリーです。

ブログをご覧いただきありがとうございます!

 

私たちが普段、音楽などを楽しむのに欠かせない物。

それが『イヤホン』です。

 

仕事に行く時や学校へ行く時、または休憩中や寝る時。

毎日身に着けるであろういわば「相棒」のような物ですね。

 

私も音楽はもちろんASMRを聴くことを趣味をしている為、イヤホンは生活をする上で欠かせないアイテムとなっています。

 

説明画像

 

でも皆さんはそのイヤホン、しっかり掃除やお手入れをしていますか?

イヤホンも精密機械、しっかりと掃除やお手入れをしてあげないと音質が悪くなったり、故障してしまったりと寿命が短くなる原因に繋がります。

 

実は私、補聴器を扱う仕事をしているのですが、補聴器も日々しっかりとお手入れ、特に掃除をしてあげないとイヤホンと同じように寿命が短くなる原因となってしまいます。

 

そこで今回は、補聴器営業マンの私がおすすめする、イヤホンの掃除方法から乾燥方法まで、あなたのイヤホンを長持ちさせる3つの方法をご紹介していきます。

 

どれも簡単にできますので、ぜひあなたの相棒となるイヤホンを長持ちさせる為の、お役に立てればと思います。

 

なお、今回ご紹介する内容は有線タイプのイヤホン及び、ワイヤレスイヤホンの両方でご活用いただく事ができます!

 

それでは行きましょう!

 

 

掃除方法から乾燥方法まで】あなたのイヤホンを長持ちさせる3つの方法!

なぜイヤホンをお手入れしないといけないの?

イヤホンを定期的に掃除やお手入れをしないと見た目も良くありませんし、なによりイヤホンや自分の耳を傷めてしまう恐れがあるからです。

 

◆お手入れせず放置してしまうと…◆ ・イヤホン本来の音量が出せない、または音質が悪くなる。
・イヤホンの接続が悪くなってしまう。
・湿気で壊れてしまう。

・耳の中が不衛生になり、時にはカビが生える事も…!

 

◎イヤホンの音質悪化と接続不良

イヤホンの接続部分(プラグ)に汚れが溜まってしまうと接続が悪くなります。

そのため音質が悪くなったり、ノイズが発生する原因になる事も…。

 

「あれ、イヤホンが聞こえづらいな?」と思ったら、実はイヤホンの接続部分が汚れていただけだった。という場合も多いです。

 

説明画像

 

◎耳にカビが生える

「いや、そんなまさか」と思われるかもしれません…。私も聞くだけで怖いです。

イヤホンが不衛生かつ耳の中が湿った状態が続くと、耳の中にカビの菌(真菌)が繁殖します。

外耳道真菌症と呼ばれており、耳の痛みやかゆみ、耳だれなどの症状に繋がる恐れがあります。

 

ヤフーのニュースにもなっていますね。

news.yahoo.co.jp

 

定期的にお手入れをする事でイヤホンを清潔にしましょう!

次の項目からイヤホンの掃除~乾燥まで、3つのお手入れ方法を紹介します。

 

イヤホンのお手入れ方法3つをご紹介!

1.汚れはしっかりと拭き取りましょう!

まず一つ目は、イヤホンに付いてしまった汚れをしっかりと拭き取りましょう。

 

◆例えば…◆ 

・自分の手垢や皮脂が付いてしまう。

・何か作業をしていてホコリや土が付いた手で触ってしまう。

・子供が汚れた手で触ってしまう。

 

我が家も子供が小さい時にはイヤホンをベタベタ触ってしまう事がありました。

 

そういった場合は柔らかい布で優しく拭いてください。

使う布はメガネ拭きがおすすめです。

そして使った後のメガネ拭きは、洗ったり・アルコール消毒をしておきましょう。

 

イヤホン拭き拭き

メガネ拭き。100円ショップとかによく置いてありますね! 

 

ちょっとくらい汚れても平気だよ!と思われるかもしれませんが、仮に汚れや皮脂などが付いてしまい放置をしたら、衛生的にも良くありませんし、綺麗なイヤホンの外装が傷む原因にも繋がりかねません。

 

補聴器でも、汚れが原因で傷んでしまったものをいくつも見てきたので、汚れはすぐにふき取るようにするとイヤホンがより長持ちします。

 

2.スピーカーに詰まった耳垢を取る!

二つ目はイヤホンのスピーカーに詰まった耳垢を取る事です。

 

イヤホンスピーカー

 

毎日イヤホンを使っていると、このスピーカー部分に耳垢が入り込んでしまいます。

 

耳垢が入り込んで溜まってしまう事で、イヤホン本来の音量を出せなくなる事に繋がります(耳垢の溜まり具合には個人差があります)

そこで定期的に、スピーカー部分に溜まった耳垢を掃除する必要があります。

 

では、ここからは耳垢を掃除する方法を紹介していきます。

 

◆用意するもの◆ 

・歯ブラシ(毛先の柔らかいもの)

 

①まず、平らな机などで歯ブラシを置き、動かないように手で押さえます。

 

イヤホン掃除1

 

②次に押さえた歯ブラシにイヤホンのスピーカー部分が下方向に向く様、歯ブラシにそっとあてがいます。

 

イヤホン掃除2

 

③そしてそのまま優しくイヤホンを左右に動かして、付着した耳垢をかき出します(この時、強くゴシゴシやらないよう注意!)

 

イヤホン掃除3

 

左に動かしたり

 

イヤホン掃除3

 

右に動かしたり!

 

これを耳垢の取れ具合を見ながら繰り返します。

 

しかし、ここで一点注意ですが、

イヤホン掃除4

 

上記写真の様に、イヤホンのスピーカー部分を上に向けて歯ブラシで掃除をしてしまうと、かき出すはずの耳垢がイヤホン内部へと押し込まれる恐れがあります。


よって、かき出した耳垢を下に落とすため、スピーカー部分を下に向ける事をおすすめしています。

 

また、もし耳垢が固まってしまって、歯ブラシじゃなかなか取れない!という場合には、爪楊枝などを使ってかき出しましょう(この場合も強くやり過ぎない様注意)

イヤホン掃除5

 

◎カナル型イヤホンの場合

カナル型イヤホンの場合はイヤーピースを取り外してから、上記でご紹介した歯ブラシでの掃除を行いましょう。

 

イヤホン掃除6

 ※参考イヤホンが100均イヤホンで申し訳ありません…。

 

外したイヤーピースもウェットティッシュでゴシゴシ拭いちゃってください!

 

カナルイヤホン掃除

 

◎プラグ部分も拭き取ろう!

有線タイプのイヤホンであればプラグも拭いておくと良いです。

こちらは拭く時にメガネ拭きをつかいましょう。

 

イヤホンプラグ掃除

 

3.乾燥させて湿気を取る!

三つ目はイヤホンに付いた湿気を取り除くことです。

 

精密機械に水分はNGであるように、イヤホンも本体内部に湿気が入り込んでしまうと故障の原因に繋がってしまいます。

ちなみに補聴器の故障原因のダントツトップは湿気による故障です。

 

定期的に湿気を取り除く事でイヤホンを長持ちさせましょう!

 

では、ここからは湿気を取る為の方法を紹介していきます。

まずイヤホンの湿気を取る為の道具『乾燥ケース』を作っていきます。

 

◆用意するもの◆ 

・密封式のタッパー

・シリカゲル(お菓子の保管等で使う乾燥剤)

・タッパーの中に敷く布

 

イヤホン乾燥1

 

どれも100円ショップなどでそろえる事ができます。

タッパーや布などはご自宅にあるもので代用しても構いませんが、しっかり洗ってから使うようにしましょう。

 

作り方は非常に簡単です。

 

まず、タッパーの中に布を敷き詰めて、シリカゲルを入れます。

そして一緒に自分の使っているイヤホンを入れるだけ!

 

イヤホン乾燥2

 

そして蓋を閉めるだけです!

 

イヤホン乾燥3

 

以上です!

シリカゲルの数は1個か、もし心配なら2個入れても良いかなと思います。

 

もし、道具を揃えている時間が無い方はamazonにて専用のケースも販売されていますので、よかったらご利用ください!

 

Amazon.co.jp:Wisetech NOBUNAGA Labs DRY KEEPERセット

 

また、乾燥ケースにイヤホンを入れる時間についてですが、なるべく長い方が良いです。

できれば寝ている時間位は入れておくとより効果的です。

なので、もし寝ている時間にイヤホンを使わなければ、乾燥ケースに入れておくと良いでしょう。

 

中には充電が必要なイヤホンや、時間的に難しいという方もいると思います。

そんな時はスキマ時間を使って、乾燥ケースに入れていただければOKです。

 

私がおすすめするのはお風呂に入っている時間、数十分の間でも毎日イヤホンを乾燥する事で長持ちに繋がります。

 

説明画像

 

まとめ

さて、今回はイヤホンを長持ちさせる3つのお手入れ方法をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
 
最後に今回ご紹介したポイントをまとめると
ポイント! ・汚れは放置せずにしっかりと拭き取りましょう!
・耳垢で音量低下!スピーカーに詰まった耳垢を掃除しましょう!
・湿気による故障を防ぐため、乾燥ケースを活用しよう!
 
皆さんそれぞれ自分のお気に入りのイヤホンを持っていると思います。
そして、そのイヤホンはあなたの「相棒」として、長く付き合っていく事になるはず。
 
ぜひ今回ご紹介したお手入れ方法を使って、皆さんの「相棒」を可愛がってあげてくださいね!
 
ここまでご覧いただきありがとうございました!
それではまた!